MENU

【ヨガレポ】股関節を意識してアーサナをする

10/21(日)にヨガレッスンを開催しました。

秋が深まりつつあり、朝晩は少しひんやりするようになってきましたね。

 

今回のテーマは、「股関節を意識すること」。

先日ヨガリトリートで高野山へ行ってきました。その話は多分別記事にしますが、そこで学んだことを早速実践。

 

股関節を意識するとアーサナが深まる

例えばダウンドッグ。

f:id:daisyxxxyuki:20181008165327j:plain

引用:http://www.yogamaga.com/14408

 

股関節をグッと体に引き込むとその分背中が伸びます。別の表現で、「お尻の穴を天井に向ける」と言う場合も。

 

他にもパリヴルッタ・トリコナアーサナ(ねじった三角のポーズ)

f:id:daisyxxxyuki:20181021181841p:plain

引用:

http://mag.onyourmark.jp/2012/01/yogaposes06/14702

 

これも、股関節を引き込みお尻の高さを合わせると背骨のひねりが深まります。膝が内側に入らないよう、アジャストしながら行いました。

 

最後はチャクラアーサナ(ブリッジ)。

はじめに一度行い、その後股関節を一度縮めます。その後で再度ブリッジ。股関節が開くアーサナなので、一度縮めると楽にできるようになります。体感してもらえました^^

 

今回は運動量が多いレッスンになり、暑い暑いと言いながら動きましたよ(笑)

ありがとうございました!

 

ヨガレッスンについて

✔室内で行うレッスンはこちら

中之島公園で行う青空モーニングヨガはこちら