MENU

苦手だった祖母と会った話。今までより穏やかな気持ちです。

ユキです。

 

祖母とパンケーキを食べてきました。

f:id:daisyxxxyuki:20180407220841j:plain

カロリー爆弾

 

 《目次》

 

祖母のことが苦手だった

小さい頃はおばあちゃん子だったわたし。

大人になるにつれ、次第に会うのが億劫に感じてきました。

理由は、相手に伝えようとして会話をしないから。

具体的に言うと、自分が言いたいことを自分のテンポや声の大きさでポンポン話す感じ。超マイペースなのです。

祖母と誰かの会話を聞いていてイライラしたり(そんな言い方じゃ伝わらんやろ!と思ったり)、祖母がポンポン言いたいことを言ってるのを見てイライラしたりしてました(笑)(笑)(笑)

 

 

自分と似ているからイラっとする?

長期講座で、自分も本当はそう振る舞いたい、もしくは自分にも同じ部分があるからイラっとする。と学びました。

そうなのか、、、認めたくないなwww

 

会ってみて思ったこと

思ったより、イライラしなかったです。

と、いうよりも、「おばあちゃん寂しかったんやね」と思いました。

  • 普段話し相手がいない
  • 脚の調子が良くなくて、外出の機会も減った
  • 娘(わたしの母)やわたしたちに、遠慮して連絡も控えてる

 

おばあちゃんは「自分が話したいことを話したい」超マイペースだけど、寂しさが「話したい」気持ちに拍車をかけて色々喋っちゃうんだな。と思ったらいつもより優しい気持ちになりました。

 

わたしの心にゆとりが出来たから、受け取り方が今までと違う

という気づきも得られました。

 

勇気が要ったけど、祖母にも喜んでもらえたし美味しいパンケーキも食べることができした。

次からも、今までより穏やかな気持ちで会えそうです。

 

 

雪見ユキ