カフェイン断ちの福作用。チョコレートを欲しなくなる。

ユキです。

 

カフェイン入りの飲み物をカフェインレス、デカフェに切り替えてもうすぐ2カ月が経とうとしています。

f:id:daisyxxxyuki:20171228222810j:plain

 

もうすっかり慣れて、体調もいい感じ(^^)

そんな今、感じてることを書きます。

 

 

カフェイン断ちで起きた変化はいくつかあった!

 

 実感としてあるのは、やはり疲労感の軽減。そして間食の頻度が減ったこと

こちらにも書いてます。はじめはつらかった…(笑)

▼カフェイン断ち2週間の頃書いた記事 

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

 

そして2カ月が経とうとしてしている今、 1番驚いているのは市販のチョコレートを食べなくなったことです。

 

わたしは、チョコレートが大大大好き。

でも、なぜか継続して食べずにいられてる。

 

((( ⍥ )))

 

なぜでしょう。

そもそも、チョコレートを無性に食べたくなってた理由は何なのか。

 

 

チョコレートを食べたくなるメカニズム

以下の流れです。

 

ストレスや目の疲れを肝臓が受け止める

すぐ近くにある胃が影響を受ける

体を緩めるために食べる

※甘いものは、体を緩める作用があるらしい

 

肝臓が欲してたんですね。

だから、甘いものに頼らないためには肝臓がキモなわけです。

↑笑うところです

 

 

肝臓とカフェイン、そしてチョコレートの関係

肝臓を労わる必要があるのですが、その方法がカフェインを控えること。

何故ならカフェインは肝臓に負担をかけるからです。

上記の過去記事には、血や気の流れを滞らせるとも書きました。

 

つまりわたしは、日々の疲れを受け止めてくれている肝臓に、追い討ちをかけるようにカフェインを摂っていたということ。

そしてチョコレートを食べることで体を緩めていたという、、、

何という自作自演。

 

 

カフェイン断ちの「福」作用

前述したように、肝臓に負担をかけるカフェインを控えることで、連鎖的に甘いものも控えることができます。

そのおかげか、体がシュッとしてきた気がします(笑)

そして甘いものも控えられてる!!と自分に謎の自信もついてきました(笑)

 

甘いもの食べすぎてるな〜と感じている方にも、カフェイン断ちおすすめです(^^)

 

雪見ユキ❄︎