MENU

「いま、ここ」に生きるということ

最近、【瞑想】という単語を聞くようになりました。

瞑想のポイントでもある、【いま、ここに集中する】という言葉も。

 

『嫌われる勇気』にも、同じ内容のことが書かれてます。

人生とは、いまこの瞬間をくるくるとダンスするように生きる、連続した刹那なのです。

(中略)

過去にどんなことがあったかなど、あなたの「いま、ここ」にはなんの関係もないし、未来がどうであるかなど「いま、ここ」で考える問題ではない。

 

ヨガの教えにも。

物事はわれわれのところへやって来たり去って行ったりするだろう、

しかしわれわれはそれとつながっているのではない(インテグラル・ヨーガ)

 

わたしは最初この言葉を聞いたとき、全然ピンとこなかったんです。

「いま、ここに集中」?そんなの、みんな既にしてる!

ヨガの教えも、全然腹落ちしないなぁ。どういうこと?

 

 

・・・でも、実は学生のときに学んでいたのです。

平家物語

無常観を説いていますね。

わたしの大好きなブロガーさん、みうさんもブログで紹介されています。

yogasimplelife.com

 

あらゆるものは変化する。つまり自分とは「無常」である。

すべてのものは変化していくから過去や未来に意識を向けることにはあまり意味がない。

→だからこそ「いま、ここ」に集中しよう。

 

ということですね。

 

このことを学んでから感じたことが二つあります。

 

ひとつ目は、普段の生活で「いま」にいないことがいかに多いかということ。

またまたみうさんの記事を拝借しますが、ほんとこの通りです。

yogasimplelife.com

 

 

ふたつ目は、「いま、ここ」に意識が向くと、いまあるものに自然と感謝の気持ちが湧くようになるということ。

 

もしくは、今まで尊い/有難いと何となく感じていた気持ちの理由は、「すべてのものは、いましかなくていずれなくなる(無常である)から」なのかもしれないと思うようになりました。

 

例えば、夏にスイスに旅行したとき、目の前で朝焼けのマッターホルンを観る機会に恵まれました。

日の出前の薄暗い空からゆっくりと太陽が昇り、数分間だけマッターホルンを赤く染め上げます。

そのわずかな時間がとても尊く、自然に対してなのか、快く長期休暇をくれた会社に対してなのか…何に対してなのかその瞬間は自分でも分からないですが「有難いなぁ」と強く感じたのです。

 

#🇨🇭 #🏔#matterhorn #マッターホルン #sunrise #朝焼け 雲が全然かかってないマッターホルン🏔当然ながらとっっっても綺麗。最高😭💓

 


「いま、ここ」に集中することは難しい。

けれど、それは幸福感を高めるものだと思います。

この瞬間しか存在しないのだから、タラレバの考えがなく、あるがまま。

ヨガ八支則の勧戒のひとつ、「知足」とも似ていますが、条件を付けず「いま、ここ」を生きることは幸福感につながるということだと思います。

 

 

▼関連記事

マッターホルンを観たときの話。

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

 

▼関連本

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え