読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白鈴の音

日々の備忘録。ヨガのこと。

YTT100合格

ヨガ

ヨガのインストラクター養成講座に通っていました。

先日、実技・筆記の試験があり、無事合格しました。

初級指導レベルの実力が認められたわけです(^^)

 

ヨガとは何か?

心とは何か?

アーサナは何のために行うのか?

 

など、受講する前までは考えたこともなかったようなことを仲間たちとディスカッションしながら、学びました。

 

実技の試験は、実際に60分間のクラスを自分で構成し、「指導者」としてレッスンを行います。

一緒に学んできた仲間たち相手でも、とーっても緊張しました。

 

講座を終えて、一番に感じていることは、

これからの人生、生きやすくなるなぁ!!

ということです。

そして受講前から感じていた「ヨギ、ヨギーニには魅力的な人しかいないなぁ」という点についても、腑に落ちました。

 

ヨガでこれからの人生、生きやすくなる

講座を通して、「自分の現状はすべて自分の心が作りだしたもの」であることを学びました。

言葉ひとつ、出来事ひとつも、とらえ方でその意味や見え方は全く異なります。

つまりは、私たちの心次第。

相手がどうとか、環境がどうとか、関係ない。

そういうことが分かると、ブレることなく「自分の」人生を送れると思います。

そのことが理解できただけでも、大きな変化でした。

 

ヨギ、ヨギーニには魅力的な人しかいない

私は受講前から、割と様々なヨガスタジオに通っていました。

当時から感じていたことは、インストラクターの方々はじめ、生徒さんたちも、ほんとに素敵な方たちが多いということでした。

※「多い」と表現を使ったのは、ダイエットやエクササイズに重きをおくスタジオには、あまり「素敵だな」という印象を持たなかったため。

例えば、更衣室では生徒同士が自然と「こんにちは」や「お先です」「お疲れ様です」といった挨拶がされていたり。

容姿も、清潔感があって笑顔が素敵で、穏やかであったり。

これらのことも、ヨガの八支則を学び、腑に落ちました。

(ヨガの八支則については、また別の機会に。)

 

ヨガでは、アーサナは8つの教えのうち3番目に大事だとされています。

1番目は「ヤマ(禁戒)」、2番目は「ニヤマ(勧戒)」です。

これらは日常生活で守るべき倫理・道徳のことを言います。

例えば、生き物を大切にする、嘘をつかない、清潔にする等。

つまり、ヤマ、ニヤマを行える人がアーサナを行っているので、おのずと素敵な方たちばかりが集まるということに。

そういう空間を心地いいと思い続けられるように、私自身もヨガの教えを実践していかないといけないなぁと身が引き締まる思いがしました。

 

これからのこと

YTT200に合格すれば、全米ヨガアライアンスへの登録ができます。

これが、「ヨガインストラクターとしてヨガの指導をできます」という世の中のひとつの基準のように思います。

今後はYTT200受講が決まるまで、日々ヨガを実践していきます。

ヨガをお伝えする機会も、設けていけたらいいな。