白鈴の音

日々の備忘録。ヨガのこと。

「似合う」を知る!骨格&パーソナルカラー診断

ユキです(*^^*)

 

「骨格診断」「パーソナルカラー診断」という言葉をよく見聞きするようになりましたね。

 

生まれ持った骨格と肌に合った、ファッションアイテムや髪型を知ろうというもの。

 

最近は書籍だけではなく、ファッション誌でも特集が組まれているほどです。

私も書籍にて自己診断済み。

ちなみに自己診断では、骨格タイプ▶︎ストレート、パーソナルカラー▶︎スプリング でした。結果は後ほど…

 

ですが、今回敢えてプロにお願いして診断してもらいました!

 

 

敢えてプロに任せた理由

自己診断済みなのに、何故プロに診断し直してもらったのか?

その理由は2つあります。

 

1.自己診断が合っているか、確認するため

間違っていたら、これからも似合わない形や色のアイテムを買うことになりかねません^^;

プロにしっかりした診断結果が欲しかったからです。

 

2.骨格タイプにあった着こなし、アレンジ等、アドバイスをもらうため

具体的にどんなアイテムを選べばいいのか、その見極め方。そして、より格好良く着こなすポイントを知りたかったからです。

私が今回、重要視したのはココでした。

だって折角マンツーマンで時間をかけて診断していただくのです。

直接お会いして得る知識と、書籍のみから得る知識とでは、その残り方が全然違います。

より納得して今後のアイテム選びに活かせると思ったのです(*´ω`)

 

 

診断結果。骨格タイプは自己診断通り「ストレート」

体に立体感があり、首が太めで短いことを自負している私。

わりとすんなり結果がでました。

ストレートタイプの洋服選びのポイントは、とにかく「ジャストサイズ」。

具体的には、洋服の肩と自分の肩の位置がぴったりあうものを選ぶこと。

他の骨格タイプの洋服を着てみると、分かりやすいです。

f:id:daisyxxxyuki:20171002182009j:image

ナチュラルタイプが得意なジャケット。ストレートタイプの私が着ると、柔らかい生地が肩の丸みを拾って全体的に丸くて野暮ったい印象に。

 

f:id:daisyxxxyuki:20171002182035j:image

↑ストレートタイプが得意なジャケット。ハリのある生地であることと肩の位置がはっきりすることで、スッキリした印象に。

 

f:id:daisyxxxyuki:20171002182125j:image

↑アクセサリーにもポイントが。大ぶりで、直線的なものを選ぶとスッキリ見えるそうです。

左はナチュラルタイプ向き、右がストレートタイプ向き。

 

 カラー診断。予想外の「サマー」

以前使っていた化粧品がイエローベース肌の一番明るい色でした。

BAさんに選んでもらっていたので、てっきりイエローベースのスプリングだと思っていたら、なんとブルーベース

 

アクセサリーやアイシャドウ、意識してイエローベース向きのゴールド系選んでた( ˆωˆ )

 

でも確かに、イエローベースのドレープを近づけると顔に赤みがかかる…。

私にベストな色合いはこんな感じでした。

f:id:daisyxxxyuki:20171002225913j:image

青みピンクが似合うのは嬉しい!

 

f:id:daisyxxxyuki:20171002225952j:image

ウォーターメロンレッドという赤色。シックで綺麗。

 

f:id:daisyxxxyuki:20171002230006j:image

上品なダークトーンコーデも。

 

 

着こなしのワンポイントアドバイスも。

トレンチコートの着こなし方を質問してみました。

形はかっちりした、ストレートタイプが得意なもの。

昨年はベルトを後ろで結び、前ボタンを開けて着ていました。

 

 ですが、これはナチュラルタイプが得意とする着方。

 

ストレートタイプは、ベルトを前で結び、ボタンをとめると、メリハリがついて綺麗に着れます。

手首も出すと、さらに格好良くキマる。

その時ずり落ちてくる袖についても、捲り上げて髪ゴムでとめるという裏技を教えてもらいました(笑)

 

 

最後に。

骨格&パーソナルカラー診断、受けて良かったです(*^^*)

自分の「似合う」をプロに客観的に判断してもらうことは、ファッションアイテムを選ぶときの大きな軸になります。

 

診断後、お店に洋服とアクセサリーを見に行ったのです。

「肩の位置が私にはイマイチ」

「色がもうちょっと白味があればなぁ」

などなど…判断基準が厳しくなったので、何も買わずに帰りました(笑)

無駄買いすることも減りそうです。

 

プロの診断を受けるか迷われている方、受けてみることをお勧めします♪

骨格やパーソナルカラーは、太ったり痩せたり、年齢を重ねたとしてもほとんど変わらないようです。

一度受けるとこの先使える知識になります。

 

では(^^)

事実をありのまま受け取らないのはエゴ

ユキです。

 

離れて暮らす母が、今週末は用事で近くに来ていたので会ってきました。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170923214552j:image

とっても美味しかったネギおこチーズ

 

色々買った母と、何も買わなかった私

この日は母が行きたいと行っていた鞄屋さん、靴屋さん、洋服屋さんへとハシゴしながらお買い物。

 

母は自分の気にいるものに出会えて嬉しそうだったし、私も購入はしなかったけれど、その時間を楽しんでいました。

 

 

「 相方が何も買わなかった=その時間を楽しんでなかった」???

けれど別れたあと、ラインのやりとりをしていて少しびっくり。

こんな内容のラインをくれました。

 

『今日は自分の買い物ばかりしてごめん。私ってこんな風に自分のことしか考えない人間だということに、◯◯◯(※)行って分かったばかりなのにね。』

※母は最近旅行に行って何か気づきを得たらしい

 

 

どうやら母は、私が楽しめてないと感じたらしく、連絡をくれたのです。

 

 

なんだか違和感…。

もんもんとしたままお風呂に入って、その理由を考えてました。

 

私なりの、この違和感の原因は
私が何も購入しなかったということだけで、母が母自身を「自分のことだけしか考えない人間だ」と解釈したこと。

 

これって想像力が足りないというか、妄想に近いと思います。

 

私も「楽しかった」と伝えてたはずなのに、母が思わぬ形で捉えててびっくりしてしまいました。

もし逆の立場やったらどうでしょうか。

私が色々購入し、母は何も購入しなかったとして、母はその時間が楽しくなかったのでしょうか。

 

 

事実をありのまま受け取らないのはエゴ

出来事や相手の言葉をそのまま受け取らずに、余計な解釈、妄想をしてしまうこと。

それこそが「自分のことしか考えてない」「自分本位」てことなのかも、と思うのです。

事実や状況をエゴによって自分で変えてしまっているから。

 

もしくは【自分のことしか考えていない自分】を証明するために、出来事や言葉に別の解釈を加えているのかも?

 

どちらにせよ、事実をありのまま受け取らないのはエゴだよなぁと思ったのです。


と、同時に私もそういうとこあるよなぁと反省もしたのでした。

 

余談ですが、このことは母にも伝えました。

きちんと伝わったようです(ほっ)。

次回会う機会が楽しみです(^^)

 

 

【旅行】スイスまとめ

スイス旅行記のまとめです♪ 

 

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

 

【旅行】⑥訪れた街《ジュネーブ》

いよいよ旅の最終地、ジュネーブへ。

グリンデルワルドからジュネーブへ向かう車窓からも、素晴らしい景色を見ることができました。

ジュネーブでは船に乗り、大噴水も見て…

 

 

インスタに載せてるのがすべてなので、下に貼ります(笑)

 

フランスのすぐ傍ということもあり、言葉はフランス語。

車内アナウンスもフランス語と英語でした。

同じ国なのに、地域によって使われる言葉が異なるのは、不思議です。

https://www.instagram.com/p/BWnuAskHOg4/

#🇨🇭 #ローザンヌ #lausanne #ジュネーブ #geneve ・・・グリンデルワルトからジュネーブへ移動🚃途中、ぶどう畑や#レマン湖 が見えた。ジュネーブでは船から大噴水⛲️を見たり、#ラクレット #raclette を食べたり😋🍴こちらがストップって言うまで、チーズが少なくなるとお皿を交換してくれるというわんこそばスタイル😳✨

 

最終日は、チーズ工場とワインセラーの見学オプションコースに申し込んでいたので、バスでグリュイエール地方へ!

グリュイエールチーズについて、製造工程の一部を見学しながら紹介してもらいました。

美味しいチーズリゾットも!

https://www.instagram.com/p/BWnv6DAHRFk/

#🇨🇭 #グリュイエール #gruyere ・・・いよいよ最終日。まずはグリュイエールへ移動してチーズ工場見学。ランチにリゾットとチキンソテー、#ダブルクリーム (メレンゲに濃厚な生クリーム?をかけたデザート)をいただいた😋工場見学では製造工程の一部を見たり。牛🐮が1日あたり100キロの牧草と85リットルの水を飲み食いし、25リットルの牛乳を生産してるということ、1キロのチーズ🧀を作るために12リットルの牛乳が必要なことなどなど、興味深い説明も聞けた✏︎🤔.。oO( 単純計算で牛🐮一頭一日あたりから採れる牛乳で2キロのチーズ🧀ができる )

 

その後、ローザンヌへ移動。

スイスワインを製造・販売されているワインセラーへ。

斜面にはたくさんのブドウが。

日照時間等々を考慮して、異なる品種のブドウを栽培しています。

 

日本でも人気のワインを試飲、購入できて満足♡

https://www.instagram.com/p/BWnycTynht9/

#🇨🇭 #ローザンヌ #lausanne ・・・チーズ工場をあとにして、ローザンヌのワイン醸造所へ。ワインの製造工程を見学させてもらった。・ロゼワインは赤ワインと原料のぶどうは同じであること(熟成度が違う。ロゼは1日、赤は3週間)・土地の斜面には日の当たり方を計算してぶどう畑が栽培されていること(朝陽が当たる場所には繊細な味わいのぶどう、日中の陽が当たる場所には力強い味わいのぶどう、太陽エネルギーをより多くより長い間吸収できる石垣の近くには、さらに力強い味わいのぶどうをそれぞれ栽培している)を知った✏︎・・・そして試飲😋🍷白、ロゼ、赤の3種類をいただいてほろ酔い。どれも飲みやすくて美味しかった。空港の免税店には置いてない、ここでしか買えないシャスラーを購入🍾💓

 

 

ジュネーブ国連関係の建物が多く、秩序ある雰囲気でした。

「観光」という観点では、ちょっと固くて物足りない印象です。

だから二日間の滞在であれば、一日は別の街まで足を延ばして丁度いい感じ。

 

 

 

これでスイス旅行記は以上になります。

滞在したどの場所も、それぞれ雰囲気が異なっていて飽きることがなかった!!

国土は日本の九州ほどの大きさですが、魅力いっぱいでした。

 

スイスはリピーターが多いとされる国だそうで、それも納得。

素晴らしい景色と美味しい食べもの(高価のが難点w)は、何度でも見に行きたくなりますね。

 

ということで私たちも「また来たいね」と話しながら帰国の途についたのでした。

【旅行】⑤訪れた街《グリンデルワルト》

グリンデルワルトに着くと、アルプスの少女ハイジに出てきそうな景色が…!

f:id:daisyxxxyuki:20170827081251j:image

 

着いた初日は、ロープウェイに乗ってフィルストへ。

とにかく風が強かった(笑)

グリンデルワルトの街を一望できる展望台でした。

https://www.instagram.com/p/BYRoNeuHDAJ/

#🇨🇭ロープウェイ🚡で#フィルスト へ。風強かった…!!#first #switzerland

 

次の日は、ヨーロッパで一番高い場所にあるというスフィンクス展望台へ。

鉄道を乗り継ぎ、到着。

意識して深呼吸してたら、体調もだいぶマシでした。

https://www.instagram.com/p/BWfb_maH7v-/

#🇨🇭#ユングフラウヨッホ #jungfraujoch #スフィンクス展望台 ・・・すっきり晴れて青空がきれい😆✨風もほとんどなくて展望台に長居できた🏔

 

#🇨🇭 #✈ ・・・何機か飛んでた✈︎✈︎✈︎

 

氷の彫刻や、スフィンクス展望台が出来るまでの歴史を知ることができるブースをたり(100年も前に出来たんですって!!)、世界一高い場所にあるリンツを見たりしながらたっぷり1時間半。

 

 

その後、中継地のインターラーケンへくだりました。

 

そこで、スイスで絶対やりたかった、ハイジコスプレをすることができたのです♡♡♡

f:id:daisyxxxyuki:20170827084732j:image

 衣装は日本で調達して持参しました(笑)

 

f:id:daisyxxxyuki:20170827085033j:image

もう一枚。

載せてませんが、旦那さんもペーターになりきってもらい、ツーショットも撮りました(笑)

 

天候にも恵まれ(写真的な意味で)、大満足です♡♡♡

 

グリンデルワルトを離れ、いよいよ次回は最後の宿泊地のジュネーブへ。

 

 

【旅行】④訪れた街《ツェルマット》後編

f:id:daisyxxxyuki:20170825202818j:image

ホテルの窓からの景色

 

お昼寝から目覚めたらもう夕方でした。

…といっても、この写真を撮ったのは17:30くらい。

まだまだ明るい!

サマータイムで日の入りは22:00くらいなのです。

 

 

散歩がてら、晩ごはんを食べるお店を探しに街歩きへ。

 

ツェルマットはガソリン車原則禁止の街。

 

移動は徒歩か電車、電気自動車などです。

そのおかげなのか、空気がとっても綺麗でした。空が霞むこともありませんでした。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170825203537j:image

教会

 

 f:id:daisyxxxyuki:20170825203838j:image

 パンチのあるおじさんの人形…

 

https://www.instagram.com/p/BW2iLYBnOqU/

#🇨🇭 #ランチョンマット #placemat

 

そうそう、自分たちのお土産にランチョンマットも買ったんです。

2,000円くらいのつもりで買って帰り、帰国したあと改めて値札を見たら、日本円で9,000円くらいでした!!(驚)

 

大事に使ってます。

とりあえずご飯がカレーの時は使用禁止にしてます(笑)

 

f:id:daisyxxxyuki:20170825204451j:image

この日の晩ごはん。

イタリアンレストランでピザとカルボナーラ、グリーンサラダをいただきました。

 

この日の夜もしっかり眠り、

翌日はグリンデルワルドに向けてまた列車を何度か乗り継ぎました:)

【旅行】④訪れた街《ツェルマット》前編

 

氷河特急でツェルマットまで3時間ほどの電車の旅。

車窓の景色を楽しみました。

 

名ばかり氷河特急

ただ、「氷河特急」とは言ったものの、氷河が見られるのはほんの一区間ほど。

冬場は電車も運行しないので、ガイドさんも皮肉ってましたが、ほんとに名ばかりの氷河特急です(笑)

 

そして夕方に無事にツェルマット着。

その日の夕食は、

f:id:daisyxxxyuki:20170822222250j:image

ホテル近くのcoopで買ったサラダとチーズ。
そして日本から持参したカップ麺!!

 

いくつか持って行ったのですが、大正解。

 

外食続きで疲れた時など、本当に助かりました。

 

この日はゆっくり寝て、次の日に備えるのでした。

 

 マッターホルンが目の前に!!

 

翌日は7:00発のゴルナーグラート鉄道にのってマッターホルンを見に行きました。

f:id:daisyxxxyuki:20170822223657j:image 

標高3,000mを超えてるので、空気が薄いです。

曇ってますが、迫力の氷河。

 

 f:id:daisyxxxyuki:20170822224137j:image

空が晴れてきました♬

 

 

そこから一駅移動して…

f:id:daisyxxxyuki:20170822224547j:image 

逆さマッターホルン!!!

 

「何時間でも見ていられる…」

 

ハイキングで来ていた日本人のご夫婦が仰っていました。

 

本当にその通りだも思いました。

真っ青な空と真っ白な山。

その山肌はゴツゴツとしていて、どっしりとしていました。

ここでしか見られない景色です。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170824215002j:image

 マッターホルンを目の前に「木のポーズ」

 

そのあとグレッシャーパラダイス展望台にも行きましたが、空気が薄くて体調が悪くなってしまい(高山病?)、写真はほぼ無し(笑)

 

昼過ぎにホテルに戻り、お昼寝してここまでの旅の疲れを癒したのでした。