白鈴の音

日々の備忘録。ヨガのこと。

水まわりには珪藻土マット

おはようございます!
ユキです:)

やはりこっちの名前の方がしっくりきます(笑)

 

今日はキッチンで大活躍している、生活雑貨を紹介したいと思います♬


キッチンなどの水まわりって、こまめなお掃除が大切なのは皆さんご存知ですよね。

 

特にこの時期、放っておくとすぐ、

赤カビが発生したり、
臭ったり、
ぬめぬめしたり…

 


そしてそれを掃除するのも、
またストレスで( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

 


特に私は水切りかごの掃除が一番苦手なんですよね。

 

こまめに水を捨てたりするだけではなく、滑ってくるから受け皿も洗わないといけないじゃないですか。

 

それがとっても苦手で。

 

あれこれ検索していると、
お風呂場グッズを活用している方が結構いることを知りました!!!

 

確かに、同じ水まわり。

道理にあってます。


↓そして早速購入したのがこちら。
f:id:daisyxxxyuki:20170815072552j:image
珪藻土マット!!!

 

こう!

f:id:daisyxxxyuki:20170815072627j:image
我が家のキッチンにはいい感じのサイズ。

 

こう!
f:id:daisyxxxyuki:20170815072657j:image
もともと使っていた水切りかごの、かご部分をそのまま使用。


使い方は今までと変わらないです。
食器をあらったら、かごに干す。

 

もう数ヶ月このスタイルですが、ストレスフリーです♬

 

マットが吸水してくれるので受け皿の掃除はしなくていいし、ぬめりや赤カビの発生もありません!!


ちなみにお風呂場の足拭きマットも珪藻土に変えました。

 

これもまたストレスフリー。

 

マットに髪の毛や埃が絡まったり、きちんと乾燥させないとカビが生えたり…
という煩わしさからも解放してくれました。

 

水まわりには珪藻土
ですね!!!


今回商品した珪藻土マットです♬

 

 

 

【旅行】③訪れた街《ルツェルン》編

おはようございます☀︎


さて今日はルツェルン編です!


ルツェルン

歴史と気品溢れる街です。
旧市街には1800年代に建てられた建物も多く残っていたり(補強したりして今尚現役)、中世の壁画も残っていたり。

この日はガイドさんに名所を案内してもらいました。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170812073020j:image

瀕死のライオンの像。
戦死したスイス兵の慰霊碑です。

18世紀、スイスはとても貧しい国でした。
男性たちは近隣のドイツやフランスなどの雇われ兵をして一家の生計を立てていたそうです。

フランス革命の頃、テュイルリー宮殿に攻め入る革命軍に対して防衛を行うも、約600名は戦死。
その後、捕らえられた残り約170名も処刑され、合計786名のスイス兵が亡くなりました。

その防衛にて、スイス以外の国出身の兵士たちは途中で逃げ出したにも関わらず、スイス兵は最後まで逃げずに宮殿に留まったそうです。

その勇敢なスイス兵たちを悼むために、約20年かけて砂岩を掘って完成されたのがライオン像です。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170812072956j:image
ルツェルンの街。
どの家もお花を飾ってます。


f:id:daisyxxxyuki:20170812072831j:image
カペル橋。
一度火事で焼けてしまったそうですが、市民たちの強い希望で再建されました。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170812072803j:image
川辺。

 

https://www.instagram.com/p/BWavk9ynCnt/

#🇨🇭 #ルツェルン #イエズス教会 スイス最古のバロック様式の教会。カトリックとプロテスタントの教会の作りの違いについても聞けて勉強になった✏︎・・・カトリック:入口に手を水で清める場所がある。窓多め。光を取り入れる。パイプオルガンがある。懺悔する場所がある。・プロテスタント:光は重要視してない。ステンドグラスがあるところが多い。主教改革のときに一度パイプオルガンを撤去したことがある。そのため現在もないところがある。



その後、アンデルマットに移動。
氷河特急にてツェルマットを目指しました。

次回もお楽しみに♬

 

お知らせ

最近まで「白鈴」というHNでブログを書いていましたが、

自分のなかでなんだかしっくりこなくて(笑)

 

これからは雪見ユキでいきたいと思います:-)

よろしくお願いします。

【ヨガ】自分の身体に意識的であること

こんばんは!
白鈴です。

 

今日は10:00からヨガレッスンしました。

 

いつも来てくれる大学からの友だちと、マンツーマン☺︎

 


いつもは体幹を鍛えることを意識して、腹筋メニュー多めだけれど
今回は背骨をしっかり動かすことを意識したメニュー!


マルジャリアーサナだけでなく、
より動きの大きいタイガーのポーズも入れてみました。

 

シャバアーサナのときはうとうとしていたようです(笑)


意識して身体を動かすと、普段の生活のなかで如何に身体を使えていないか、変なところに力が入っているかがわかります。


その証拠なのか、わたしはいつも肩甲骨周りとお尻が筋肉痛になります( ͡° ͜ʖ ͡°)
平日はデスクワークで肩に力入りっぱなし、座りっぱなしでカチカチだからでしょうね…( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

すぐに改善できればいいのだけど、今までの生き方・暮らし方の癖はなかなかすぐには変えられません。

 

でも、それでもいいのです。


【無自覚】が【自覚】に変わることって、とても大きな一歩だと思います。


それに、
【ヨガとは常に意識的であること】

自分の身体と心に意識を向ける訓練をしていきましょう。


そのために、ひとつひとつのアーサナを味わえるように、ペースをもっと考えていこう٩(๑•̀ω•́๑)۶

 

8月の次のレッスンは
8月26日(土)10:00〜11:00です。
お問い合わせは以下のメールアドレスまで♬
yoga.shirosuzu@gmail.com

【旅行】②訪れた街《ベルン》《チューリッヒ》編

こんばんは!

白鈴です。

 

このあいだはスイスを選んだ理由について書きました。

 

今回から何回かは、旅行で訪れた街についてレポしていきますね。

 

 

首都ベルン

連邦共和制国家のスイスには、厳密には首都がないそうです。

 

でも、連邦議事堂がおかれてあるベルンが実質的な首都らしい…

 

そして人口もそれほど多くなく、穏やかな街でした。

中世の雰囲気が残る街並みを楽しんできました♬

 

f:id:daisyxxxyuki:20170803212809j:image

バラ公園にて。

たくさんの種類のバラが咲いていました。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170803212952j:image

高台にあるので、ベルンの旧市街を一望できます。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170805214032j:image

石畳に、文字が。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170805214135j:image

連邦議事堂にて。

広場には噴水があり、子供たちが遊んでいました。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170805214843j:image 

お昼ごはんに食べたトマトのパスタ 

 

 そして、電車でチューリッヒへ移動。

 

チューリッヒ

スイスで1番人口が多い街。

綺麗な湖も街の中心地にあり、常に自然が近くにありました。

f:id:daisyxxxyuki:20170805215351j:image

湖のそばのベンチでのんびりする人たち

 

ベルンで結構元気を使ったので、疲れて写真も少なめ(笑)

 

 晩ごはんには、チューリッヒで評判らしいお店でチーズフォンデュをいただきました♡

⬇︎1番最後にチーズフォンデュが載ってます♡

 

https://www.instagram.com/p/BWaBnCzHOgo/

#🇨🇭 #ベルン #bern #バラ公園 #🌹 #ベルン旧市街 #チューリッヒ #zurich #リンデンホフの丘 #ラクレットストゥーベ #チーズフォンデュ


 

このブログでは、トイカメラデジタルハリネズミで撮った写真を中心に載せてます。

スマホ、動画はインスタにあげてるので、よかったらそちらも見てください♬

 

次回はルツェルンです!

ではでは〜。

 

《8月》いっしょにヨガしませんか?

こんにちは☀︎

ヨガのレッスンをすることにしました!!!
いっしょにヨガしませんか?( ˆoˆ )


日時:
①8月6日(日)10:00〜11:00 定員4名(残3)
②8月26日(土)10:00〜11:00 定員4名(残3)

場所:摂津市 : 正雀市民ルーム
【電話番号】:06-6381-0116
【住所】:大阪府摂津市正雀本町1丁目11番1号

料金:1レッスン500円


入会金等はございません。

クラスの始まる前にお支払ください。

ご予約・お問合わせは
参加日、お名前、ご連絡先を明記のうえ、
以下のメールアドレスまでお願いいたします。

yoga.shirosuzu@gmail.com

 

ご予約・キャンセルは前日17:00までにお願いいたします。

その他レッスンへの不安等ございましたら、ご相談ください。

【旅行】①スイスを選んだ理由

おはようございます☀︎

白鈴です。

 

久しぶりの投稿になりましたね。

 

実は9日間、スイスへ旅行してきました♬

 

その後1週間ほどかけて、生活のリズムを取り戻し…(⬅︎かかりすぎ?笑)

 

しばらくはそのまとめ記事です!!
⬇︎その構成(予定)

 

①スイスを選んだ理由
②訪れた街《ベルン》《チューリッヒ》編
③訪れた街《ルツェルン》編
④訪れた街《ツェルマット》編
⑤訪れた街《グリンデルワルド》編
⑥訪れた街《ジュネーブ》編
⑦訪れた街《ローザンヌ》編


それでは早速今回の記事!


①スイスを選んだ理由

新婚旅行だったのですが、割とすんなり「スイス行きたいね」と決まりました。

と、いうのも。

1つめに、国内旅行も何度かしてきて、各地の鉄道に乗ることも多かったわたしたち。

車窓からの風景や、各鉄道・地域ごとの雰囲気など…
移動の時間も、とても楽しかったのです。

だから、「鉄道大国」といわれるスイスに興味をもちました。

 

そして、車窓からアルプスの山々を観る\( ˆoˆ )/という具体的なプランも決まりつつありました。

 

2つめに、旅に美味しいお料理は欠かせませんよね。

 

チーズとチョコレート。

 

わたしの大好物です(^q^)

 

そして偶然にもスイスはそれらの本場(^q^)

 

本場のラクレットチーズフォンデュ、美味しいチョコレートを食べて見たかったのです!!!

 

以上、鉄道と食べものに惹かれてスイスを選んだわたしたちなのでした。