白鈴の音

日々の備忘録。ヨガのこと。

【旅行】スイスまとめ

スイス旅行記のまとめです♪ 

 

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

shirosuzu-no-ne.hatenablog.com

 

【旅行】⑥訪れた街《ジュネーブ》

いよいよ旅の最終地、ジュネーブへ。

グリンデルワルドからジュネーブへ向かう車窓からも、素晴らしい景色を見ることができました。

ジュネーブでは船に乗り、大噴水も見て…

 

 

インスタに載せてるのがすべてなので、下に貼ります(笑)

 

フランスのすぐ傍ということもあり、言葉はフランス語。

車内アナウンスもフランス語と英語でした。

同じ国なのに、地域によって使われる言葉が異なるのは、不思議です。

https://www.instagram.com/p/BWnuAskHOg4/

#🇨🇭 #ローザンヌ #lausanne #ジュネーブ #geneve ・・・グリンデルワルトからジュネーブへ移動🚃途中、ぶどう畑や#レマン湖 が見えた。ジュネーブでは船から大噴水⛲️を見たり、#ラクレット #raclette を食べたり😋🍴こちらがストップって言うまで、チーズが少なくなるとお皿を交換してくれるというわんこそばスタイル😳✨

 

最終日は、チーズ工場とワインセラーの見学オプションコースに申し込んでいたので、バスでグリュイエール地方へ!

グリュイエールチーズについて、製造工程の一部を見学しながら紹介してもらいました。

美味しいチーズリゾットも!

https://www.instagram.com/p/BWnv6DAHRFk/

#🇨🇭 #グリュイエール #gruyere ・・・いよいよ最終日。まずはグリュイエールへ移動してチーズ工場見学。ランチにリゾットとチキンソテー、#ダブルクリーム (メレンゲに濃厚な生クリーム?をかけたデザート)をいただいた😋工場見学では製造工程の一部を見たり。牛🐮が1日あたり100キロの牧草と85リットルの水を飲み食いし、25リットルの牛乳を生産してるということ、1キロのチーズ🧀を作るために12リットルの牛乳が必要なことなどなど、興味深い説明も聞けた✏︎🤔.。oO( 単純計算で牛🐮一頭一日あたりから採れる牛乳で2キロのチーズ🧀ができる )

 

その後、ローザンヌへ移動。

スイスワインを製造・販売されているワインセラーへ。

斜面にはたくさんのブドウが。

日照時間等々を考慮して、異なる品種のブドウを栽培しています。

 

日本でも人気のワインを試飲、購入できて満足♡

https://www.instagram.com/p/BWnycTynht9/

#🇨🇭 #ローザンヌ #lausanne ・・・チーズ工場をあとにして、ローザンヌのワイン醸造所へ。ワインの製造工程を見学させてもらった。・ロゼワインは赤ワインと原料のぶどうは同じであること(熟成度が違う。ロゼは1日、赤は3週間)・土地の斜面には日の当たり方を計算してぶどう畑が栽培されていること(朝陽が当たる場所には繊細な味わいのぶどう、日中の陽が当たる場所には力強い味わいのぶどう、太陽エネルギーをより多くより長い間吸収できる石垣の近くには、さらに力強い味わいのぶどうをそれぞれ栽培している)を知った✏︎・・・そして試飲😋🍷白、ロゼ、赤の3種類をいただいてほろ酔い。どれも飲みやすくて美味しかった。空港の免税店には置いてない、ここでしか買えないシャスラーを購入🍾💓

 

 

ジュネーブ国連関係の建物が多く、秩序ある雰囲気でした。

「観光」という観点では、ちょっと固くて物足りない印象です。

だから二日間の滞在であれば、一日は別の街まで足を延ばして丁度いい感じ。

 

 

 

これでスイス旅行記は以上になります。

滞在したどの場所も、それぞれ雰囲気が異なっていて飽きることがなかった!!

国土は日本の九州ほどの大きさですが、魅力いっぱいでした。

 

スイスはリピーターが多いとされる国だそうで、それも納得。

素晴らしい景色と美味しい食べもの(高価のが難点w)は、何度でも見に行きたくなりますね。

 

ということで私たちも「また来たいね」と話しながら帰国の途についたのでした。

【旅行】⑤訪れた街《グリンデルワルト》

グリンデルワルトに着くと、アルプスの少女ハイジに出てきそうな景色が…!

f:id:daisyxxxyuki:20170827081251j:image

 

着いた初日は、ロープウェイに乗ってフィルストへ。

とにかく風が強かった(笑)

グリンデルワルトの街を一望できる展望台でした。

https://www.instagram.com/p/BYRoNeuHDAJ/

#🇨🇭ロープウェイ🚡で#フィルスト へ。風強かった…!!#first #switzerland

 

次の日は、ヨーロッパで一番高い場所にあるというスフィンクス展望台へ。

鉄道を乗り継ぎ、到着。

意識して深呼吸してたら、体調もだいぶマシでした。

https://www.instagram.com/p/BWfb_maH7v-/

#🇨🇭#ユングフラウヨッホ #jungfraujoch #スフィンクス展望台 ・・・すっきり晴れて青空がきれい😆✨風もほとんどなくて展望台に長居できた🏔

 

#🇨🇭 #✈ ・・・何機か飛んでた✈︎✈︎✈︎

 

氷の彫刻や、スフィンクス展望台が出来るまでの歴史を知ることができるブースをたり(100年も前に出来たんですって!!)、世界一高い場所にあるリンツを見たりしながらたっぷり1時間半。

 

 

その後、中継地のインターラーケンへくだりました。

 

そこで、スイスで絶対やりたかった、ハイジコスプレをすることができたのです♡♡♡

f:id:daisyxxxyuki:20170827084732j:image

 衣装は日本で調達して持参しました(笑)

 

f:id:daisyxxxyuki:20170827085033j:image

もう一枚。

載せてませんが、旦那さんもペーターになりきってもらい、ツーショットも撮りました(笑)

 

天候にも恵まれ(写真的な意味で)、大満足です♡♡♡

 

グリンデルワルトを離れ、いよいよ次回は最後の宿泊地のジュネーブへ。

 

 

【旅行】④訪れた街《ツェルマット》後編

f:id:daisyxxxyuki:20170825202818j:image

ホテルの窓からの景色

 

お昼寝から目覚めたらもう夕方でした。

…といっても、この写真を撮ったのは17:30くらい。

まだまだ明るい!

サマータイムで日の入りは22:00くらいなのです。

 

 

散歩がてら、晩ごはんを食べるお店を探しに街歩きへ。

 

ツェルマットはガソリン車原則禁止の街。

 

移動は徒歩か電車、電気自動車などです。

そのおかげなのか、空気がとっても綺麗でした。空が霞むこともありませんでした。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170825203537j:image

教会

 

 f:id:daisyxxxyuki:20170825203838j:image

 パンチのあるおじさんの人形…

 

https://www.instagram.com/p/BW2iLYBnOqU/

#🇨🇭 #ランチョンマット #placemat

 

そうそう、自分たちのお土産にランチョンマットも買ったんです。

2,000円くらいのつもりで買って帰り、帰国したあと改めて値札を見たら、日本円で9,000円くらいでした!!(驚)

 

大事に使ってます。

とりあえずご飯がカレーの時は使用禁止にしてます(笑)

 

f:id:daisyxxxyuki:20170825204451j:image

この日の晩ごはん。

イタリアンレストランでピザとカルボナーラ、グリーンサラダをいただきました。

 

この日の夜もしっかり眠り、

翌日はグリンデルワルドに向けてまた列車を何度か乗り継ぎました:)

【旅行】④訪れた街《ツェルマット》前編

 

氷河特急でツェルマットまで3時間ほどの電車の旅。

車窓の景色を楽しみました。

 

名ばかり氷河特急

ただ、「氷河特急」とは言ったものの、氷河が見られるのはほんの一区間ほど。

冬場は電車も運行しないので、ガイドさんも皮肉ってましたが、ほんとに名ばかりの氷河特急です(笑)

 

そして夕方に無事にツェルマット着。

その日の夕食は、

f:id:daisyxxxyuki:20170822222250j:image

ホテル近くのcoopで買ったサラダとチーズ。
そして日本から持参したカップ麺!!

 

いくつか持って行ったのですが、大正解。

 

外食続きで疲れた時など、本当に助かりました。

 

この日はゆっくり寝て、次の日に備えるのでした。

 

 マッターホルンが目の前に!!

 

翌日は7:00発のゴルナーグラート鉄道にのってマッターホルンを見に行きました。

f:id:daisyxxxyuki:20170822223657j:image 

標高3,000mを超えてるので、空気が薄いです。

曇ってますが、迫力の氷河。

 

 f:id:daisyxxxyuki:20170822224137j:image

空が晴れてきました♬

 

 

そこから一駅移動して…

f:id:daisyxxxyuki:20170822224547j:image 

逆さマッターホルン!!!

 

「何時間でも見ていられる…」

 

ハイキングで来ていた日本人のご夫婦が仰っていました。

 

本当にその通りだも思いました。

真っ青な空と真っ白な山。

その山肌はゴツゴツとしていて、どっしりとしていました。

ここでしか見られない景色です。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170824215002j:image

 マッターホルンを目の前に「木のポーズ」

 

そのあとグレッシャーパラダイス展望台にも行きましたが、空気が薄くて体調が悪くなってしまい(高山病?)、写真はほぼ無し(笑)

 

昼過ぎにホテルに戻り、お昼寝してここまでの旅の疲れを癒したのでした。

 

水まわりには珪藻土マット

おはようございます!
ユキです:)

やはりこっちの名前の方がしっくりきます(笑)

 

今日はキッチンで大活躍している、生活雑貨を紹介したいと思います♬


キッチンなどの水まわりって、こまめなお掃除が大切なのは皆さんご存知ですよね。

 

特にこの時期、放っておくとすぐ、

赤カビが発生したり、
臭ったり、
ぬめぬめしたり…

 


そしてそれを掃除するのも、
またストレスで( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )

 


特に私は水切りかごの掃除が一番苦手なんですよね。

 

こまめに水を捨てたりするだけではなく、滑ってくるから受け皿も洗わないといけないじゃないですか。

 

それがとっても苦手で。

 

あれこれ検索していると、
お風呂場グッズを活用している方が結構いることを知りました!!!

 

確かに、同じ水まわり。

道理にあってます。


↓そして早速購入したのがこちら。
f:id:daisyxxxyuki:20170815072552j:image
珪藻土マット!!!

 

こう!

f:id:daisyxxxyuki:20170815072627j:image
我が家のキッチンにはいい感じのサイズ。

 

こう!
f:id:daisyxxxyuki:20170815072657j:image
もともと使っていた水切りかごの、かご部分をそのまま使用。


使い方は今までと変わらないです。
食器をあらったら、かごに干す。

 

もう数ヶ月このスタイルですが、ストレスフリーです♬

 

マットが吸水してくれるので受け皿の掃除はしなくていいし、ぬめりや赤カビの発生もありません!!


ちなみにお風呂場の足拭きマットも珪藻土に変えました。

 

これもまたストレスフリー。

 

マットに髪の毛や埃が絡まったり、きちんと乾燥させないとカビが生えたり…
という煩わしさからも解放してくれました。

 

水まわりには珪藻土
ですね!!!


今回商品した珪藻土マットです♬

 

 

 

【旅行】③訪れた街《ルツェルン》編

おはようございます☀︎


さて今日はルツェルン編です!


ルツェルン

歴史と気品溢れる街です。
旧市街には1800年代に建てられた建物も多く残っていたり(補強したりして今尚現役)、中世の壁画も残っていたり。

この日はガイドさんに名所を案内してもらいました。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170812073020j:image

瀕死のライオンの像。
戦死したスイス兵の慰霊碑です。

18世紀、スイスはとても貧しい国でした。
男性たちは近隣のドイツやフランスなどの雇われ兵をして一家の生計を立てていたそうです。

フランス革命の頃、テュイルリー宮殿に攻め入る革命軍に対して防衛を行うも、約600名は戦死。
その後、捕らえられた残り約170名も処刑され、合計786名のスイス兵が亡くなりました。

その防衛にて、スイス以外の国出身の兵士たちは途中で逃げ出したにも関わらず、スイス兵は最後まで逃げずに宮殿に留まったそうです。

その勇敢なスイス兵たちを悼むために、約20年かけて砂岩を掘って完成されたのがライオン像です。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170812072956j:image
ルツェルンの街。
どの家もお花を飾ってます。


f:id:daisyxxxyuki:20170812072831j:image
カペル橋。
一度火事で焼けてしまったそうですが、市民たちの強い希望で再建されました。

 

f:id:daisyxxxyuki:20170812072803j:image
川辺。

 

https://www.instagram.com/p/BWavk9ynCnt/

#🇨🇭 #ルツェルン #イエズス教会 スイス最古のバロック様式の教会。カトリックとプロテスタントの教会の作りの違いについても聞けて勉強になった✏︎・・・カトリック:入口に手を水で清める場所がある。窓多め。光を取り入れる。パイプオルガンがある。懺悔する場所がある。・プロテスタント:光は重要視してない。ステンドグラスがあるところが多い。主教改革のときに一度パイプオルガンを撤去したことがある。そのため現在もないところがある。



その後、アンデルマットに移動。
氷河特急にてツェルマットを目指しました。

次回もお楽しみに♬